• ホーム
  • 外来について
  • 入院・お見舞いについて
  • 医療機関の皆様へ
  • 病院概要
  • 交通アクセス

概要

鵜飼病院HOME > 概要

概要

  • 通所リハ ウカイ
  • 大門訪問看護ステーション
  • 居宅介護支援事業所

ご質問・ご相談は

052-461-3131

〒453-0028

愛知県名古屋市

中村区寿町30番地

  • 珪山会グループ
  • 鵜飼リハビリテーション病院

病院について

ごあいさつ

私たち鵜飼病院が目指すもの、それは地域の皆様に愛され、親しまれる「街の病院」です。いつでも気軽に受診でき、必要に応じて入院も可能、身近で信頼できる医療機関が目標です。また同時にそれは、高い医療水準も兼ね備える必要があります。崇高な倫理感に支えられ、病める人の心を大切にする医療と介護を実現します。そのため私たち職員一同は,最新の医学的知識の習得と医療技術の研鑽に務めています。また接遇態度の向上も大切です。来院される患者さんが最初に接する職員の印象が、病院のすべてを物語るからです。そのため私たちは、日頃から、職員の資質を向上させるため、教育活動に割く労力を惜しみません。当院へいらっしゃる患者さんは、院内各所に置かれた「ご意見箱」を目にされることと思います。皆さんからの苦言、提言は私どもにとり貴重な反省材料です。当院の印象につき率直なご意見をお寄せ下さい。
私たちは、皆さんご自身の健康・体調に関し不安を感じられたとき、気軽に相談頂ける病院であり、お力になれる病院でありたいと願っています。

珪山会のネットワーク

病院長 高橋 英世

概要

病院名 医療法人珪山会 鵜飼病院
住 所 〒453-0028 愛知県名古屋市中村区寿町30番地
電話番号 TEL.052-461-3131
診療科 内科、神経内科、外科、消化器外科、整形外科、リハビリテーション科、放射線科
病床数 120床
(一般病床60床<一般床・地域包括ケア病床 各30床>・療養病床60床)
開 設 昭和52年7月26日
開設者 鵜飼泰光
関連施設 大門訪問看護ステーション/鵜飼病院居宅介護支援事業所/通所リハ ウカイ

理念

私たちは医の倫理を守り、病める人の心を大切にし、患者さま第一主義の医療・介護に努めます。

基本方針

  • 1. “患者さま第一主義”の医療・介護を実現し、地域から求められる癒しの場を作ります。
  • 2. 安心安全で、良質な医療・介護を提供します。
  • 3. 知識・技術・態度の研鑽を積み、治療成績と患者さま満足度の向上に努めます。
  • 4. 職員が働きやすく、やりがいを感じる明るい環境を作ります。
  • 5. 健全な経営を維持し、基本方針を達成します。

沿革

1960.10
鵜飼昌訓により鵜飼外科・消化器外科医院を開院。
1974.07
鵜飼病院設立。
1977.07
医療法人珪山会鵜飼病院と改称。
1982.08
鵜飼病院、病床数201床に増床。
1985.03
若宮診療所耳鼻咽喉科開院。
1989.12
鵜飼病院、病床数300床に増床。
1996.12
大門訪問看護ステーション開設。
2007.06
通所リハ ウカイ開設。
2010.12
大門訪問看護ステーション、中村区大門町30に移転。
2011.09
通所リハ ウカイ、中村区寿町6-1に移転。
2011.10
鵜飼病院、中村区寿町30に移転。病床数120床。

医員紹介

 職名医師名担当診療科専門分野
高橋 英世院長高橋 英世外科
リハビリテーション科
外科一般
鵜飼 高弘副院長鵜飼 高弘整形外科
リハビリテーション科
整形外科一般
膝・股関節疾患
外傷
森 桂子副院長森 桂子神経内科変性疾患
脳血管障害
稲尾 意秀副院長稲尾 意秀外科脳神経外科一般
脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷
水野 有朋 内科部長黒川 養一内科 内科一般、総合診療
水野 有朋医長水野 有朋消化器外科一般消化器疾患
上部消化管内視鏡検査
今川 健司医員(非常勤)今川 健司外科脳神経外科一般
山田 治基医員(非常勤)山田 治基整形外科整形外科一般
膝・股関節疾患
骨粗しょう症治療
大槻 真嗣医員(非常勤)大槻 真嗣循環器内科心臓病、高血圧
蓮尾 隆明医員(非常勤)蓮尾 隆明整形外科整形外科一般
石原 慎医員(非常勤)石原 慎外科外科一般、総合診療
大橋 洋医員(非常勤)大橋 洋整形外科整形外科一般
膝・股関節疾患
外傷
堀口 紘輝医員(非常勤)堀口 紘輝内科呼吸器内科
鵜飼 起久子医員(非常勤)鵜飼 起久子放射線科放射線画像読影
画像診断
伊東 克典医員(非常勤)伊東 克典内分泌内科糖尿病

当院の病床機能

現在の医療は、それぞれの病院の医療機能等に応じて役割分担を行い、医療ニーズに見合った医療体制を構築するため、より効果的・効率的な医療提供を行っていく体制が求められています。
そのためには、高度急性期医療を担う大病院、後方支援を担う中小規模病院、主治医機能をもったクリニック(開業医)等、それぞれとの医療連携が重要です。
当院では、地域の医療機関や老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム等との密接な医療連携を展開し、地域完結型医療を目指しています。

一般床

地域の一次・二次救急医療を担当するとともに、大病院での高度急性期医療を要しない患者さんの入院医療を行う病床です。また、逆に大病院で高度急性期医療が終了した患者さんの紹介を受けて、早期退院を目指すために最適な医療を行います。

地域包括ケア病床

一般床での急性期の入院治療が終了し、病状が安定した患者さんの医療を行う病床です。在宅復帰に向けて、患者さんの状態に見合ったリハビリテーションを実施し退院支援を行います。

療養病床

病状が比較的に安定している患者さんで、介護が必要な患者さんの療養上の管理や看護など、医学的な管理のもとで、リハビリテーションを実施し、介護や機能回復訓練などの医療を実施し、自宅復帰の支援を行います。

医療連携室

当院では医療連携室を設置し、医療ソーシャルワーカーと看護師が、患者様・ご家族が抱えておられる療養上の問題や、入院・退院に関する相談をお受けしています。また、患者様・ご家族様だけでなく、他の病院・施設からのご相談・問い合わせにも対応しています。

医療連携室

連絡先 TEL:052-461-3128 FAX:052-461-3136 ご連絡受付時間:月曜日~金曜日 9:00~18:00(日・祝日休み)/土曜日 9:00~13:00

ページトップに戻る